Q1・台風、大雨のトラブル例とその対策とは? よくある事例をご紹介します

8月も後半に差し掛かかっていますが、まだまだ暑いですね。

 

これくらいの時期から、気にしておいたほうが良いのがゲリラ豪雨台風などの雨風被害。

豪雨災害は、真備町の件が記憶に新しいですが、年々激しさを増している気がします。

 

そこで今回は、リフォーム専門店として、「豪雨後・台風後」によくいただく修理依頼と、その対策法をお話いたします。

 

第1位 雨漏り

やはり一番多いのは、目視できる室内への「雨漏り」です。

当たり前ですが、ダントツで多いです。

特に生活している部屋の中に水が入ってくるため、とても困りますよね。

場合によっては大きな被害となります。

 

しかし、この「雨漏り」というのが修繕が非常にやっかいです…。

水というのは、当然ですが、低い方に流れていくため、すぐ上に原因があるとは限らないのです。

 

考えられる要因としては

①屋根瓦の割れ・ズレ

②屋根下地・防水シートの劣化

③外壁・サッシのヒビ割れ・コーキングの劣化

④雨樋のオーバーフロー

⑤ベランダ・陸屋根などの防水の劣化

 

その他まだまだ可能性が残るため、すぐに特定できないケースも多々あります。

三協住宅サービスでは、雨漏り依頼を受けたら、まず原因を特定するのですが、これがなかなか簡単にはいきません…。

お家の状態によって、雨漏りの要因は様々です。

屋根に上り、外壁を点検し、天井裏をチェックし、水の侵入ルートを特定しないと補修できないからです。

 

 

補修する場合も、

・原因となる部分の補修(葺き替えや防水塗装・左官など)

・乾燥期間の確保

・内装のやりなおし

など、場合によっては補修費用が高額になるケースもあり、事前の対策が最も大切だと考えます!

 

屋根瓦の点検・外壁の状態の点検などは事前にしておくことを強くお勧めします!

三協住宅サービスでは、上記の点検は無料で承っていますので、お気軽にご依頼ください!

 

 

 

第2位 雨どいの破損・詰まり

次に多いのが、雨樋のトラブルです。

特に多い案件と、簡単な対策をまとめてみました。

 

■水が逆流してあふれてくる(オーバーフロー)

(考えられる要因)

・ゴミや落ち葉が詰まっていて水が流れない

【対策】樋掃除をすれば流れるようになります。

1階の樋は自分でも掃除できるケースがありますが、総二階の樋などはかなり危険ですのでプロにお任せください!

・固定している金具が外れて水勾配が変わって水が流れなくなった

【対策】金具を固定しなおすことができれば改善します。

金具は、釘やビス、針金などで固定しています。(劣化具合によっては元に戻らない場合もあります)

 

・雨ドイの容量が足りなくなっている(昔と現在では、雨量が大きく変わっているため)

【対策】容量の大きい雨ドイに取り換える必要があります

30年以上のお宅に多いですが、近年の雨量は昔の容量では拾いきれない量の雨に変わってきています。

大きな屋根についている雨ドイ等は、溢れて下に漏れることが多いですが、これは雨ドイを交換する他ありません。

 

■雨の後、トイから水が垂れてくる

(考えられる要因)

・塩ビの樋が劣化し、穴が開いている・ヒビが入っている

【対策】小さなものでしたら、補修テープで直る場合が多いです。

(1階の樋などは脚立があれば、DIYで直すこともできます。(キットはホームセンター等で売っています))

   もちろんご依頼いただければ対応します。

 

雨ドイは、トラブルの多い場所です。軽度の雨の日に一度見てみるのが良いですね。

特に山に面したお家などは、落ち葉などが詰まりやすいので普段からこまめに掃除をしましょう。

経年劣化によるトラブルはどうしようもないケースもありますので、ぜひ一度ご相談ください。

 

※雨ドイの交換をする場合は、足場の設置が必要です!

「外壁塗装」をするタイミングで雨樋の取り換えをすると、足場代が節約できますよ。

トラブルが多い場合はご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

第3位 波板の破損

波板も、ポリカ製がほとんどですので、経年劣化でのトラブルが多いです。

特に多い案件と、簡単な対策をまとめてみました。

 

■強風で物が飛んできて破損した

【対策】波板を張り替えないといけないです。

   破損個所だけの交換もできますが、波板は端から順番に重ねているため、交換の際は一度撤去する必要があります。(コストがかかります)

経年劣化している場合も多いので、全て張り替えることをおすすめします。

 

■波板が風で煽られてバタバタ音がする

(考えられる要因)

・固定しているフックが破損していることが考えられます

(画像はモノタロウさんより引用)

【対策】波板は上記画像のようなフックで固定されています。固定しているフックを新調します。

フックは樹脂製のものが多いですが、経年劣化で折れます。何か所か折れている場合は、他のフックも時間の問題な場合が多いですので、全て交換することをおすすめします。

 

波板は、特に台風の際には、強風でお隣の家まで飛んで行ってトラブルになる等のケースも多く、事前に直しておくことを強くおすすめします!

三協住宅サービスでは、波板の修繕、貼替も承ります!

 

 

■まとめ

 

これからいよいよ台風シーズン本番です。

上に記載したどのケースも「事前に点検、対策」をしておくことでいざというときに安心できると思います!

 

三協住宅サービスでは、ご依頼いただければ無料で点検・修繕プランの提案をさせていただきます。

大雨、台風対策に少しでも不安がある方は、遠慮なくお問い合わせください。

 

 

お家の無料診断

屋根や外壁、お風呂やキッチンなど
相談・見積もり・現地調査 全て無料で
安心・納得いただける住まいの診断。
まずはお気軽にご相談を!

more view