TOP > 屋根

屋根の葺き替え時期


こんな状態はメンテナンスのサインです。6つのチェックポイント。1.非常に危険な横割れ 2.経年劣化、交換時期 3.瓦の欠落 4.コケが内部に浸透 5.トタンが錆びている 6.煉瓦が割れている

雨漏りがしているとか、見た目にも瓦がずり落ちそうになっている場合は、そろそろ葺き替えの時期だと誰でもわかります。しかし本当は雨漏りがしてからでは遅いのです。あきらかに雨漏りしている場合には、屋根瓦だけでなくその下の躯体の部分まで傷んでしまっていることが多いからです。

そうならないようにするためには、定期的な点検がとても重要。定期健診のつもりで、梅雨や台風シーズンの前に点検して、屋根の健康状態を把握しておきましょう。

屋根の葺き替えとは、これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替える工事です。
屋根材を取り外して、その下のルーフィング(防水紙)や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。

屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様もいらっしゃいます。

お客様の事情や好みに応じて様々な葺き替え工事を行っております。

屋根の無料診断を承ります。お問い合わせはこちら