TOP > 介護リフォーム

介護リフォーム

介護保険住宅改修制度を利用しましょう

要介護者(介護保険の受給資格がある方)はバリアフリー工事に関しては、

「住宅改修費用助成制度」が適用され、お家を改修する際に申請すると、
20万円を上限とした費用の9割が支給されます。

 

hihosyo

介護給付を受ける際の注意点

 

1. 住宅改修は原則1度しか給付を受ける事はできません。

※20万円の範囲内であれば、数回に分けて使う事はできます。

※1度に3段階介護度が上がった場合(3段階リセット)、居住地が変わった場合は再度利用可能です。

2. 改修費は限度額を超過していませんか。

・介護保険から支給されるのは住宅改修費の9割です。

・20万円を超えた分は自己負担になります。

3. 介護保険の対象となる住宅改修ですか?

保険を受けられる工事には種類が決まっています。
それ以外の工事には保険がでませんのでご注意ください。
※下記で詳しく説明いたします

4. 給付は、改修後となります。


 

介護保険の対象になる住宅改修

 

・手すりの取り付け

%e8%a3%9c%e5%bc%b7%e6%9d%bf%e6%89%8b%e3%81%99%e3%82%8a

廊下、便所、浴室、玄関等に関して、移動を助けたり、転倒を予防するものであること。


 

・通路等の段差又は傾斜の解消

009-e1433925067239

居室、廊下、便所、浴室、玄関等の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差

または傾斜を解消する改修であること。 但し、「昇降機・リフト・段差解消機等動力により
段差を解消する機器の設置工事」は除く。

※段差解消機は据え置き式のものは、介護保険による福祉用具のレンタルが可能。
お気軽にご相談ください。

例) ・敷居を低くする工事 ・スロープを設置する工事 ・浴室の床のかさ上げ


 

・移動を円滑にするための床材の変更

rycf-si-sf4-5669_sh1

 

滑りを防止、あるいは移動を円滑にするためのものであること。
例)
・居室:畳式から板製・ビニル系床材等への変更
・浴室・通路:滑りにくいものへの変更 等

 


 ・扉の取り替え

%e6%9f%b4%e7%94%b0%e6%a7%98%e9%82%b8v%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%ab

引き戸への変更など扉全体の取替え及び扉の撤去及び扉の一部の取替。
但し、引き戸への取り替えに合わせて自動ドアにした場合、
自動ドアの動力部分の設置に関する費用は保険給付対象外になる。

例)・開き戸から引き戸、折れ戸、アコーディオンカーテン等への取替え
・ドアノブの変更
・戸車の設置


 

・便器の取り替え

ピュアレスト

和式便器から洋式便器への取替え取り替え工事であること。
※「和式便器から、暖房便座・洗浄機能等がついている洋式便器への取替え」は対象となるが、
既に洋式便器であった場合でこれらの機能を付加する改修は対象外。
※「非水洗和式便器から水洗洋式便器又は簡易水洗洋式便器への取替え」の場合は、
工事のうち、水洗化又は簡易水洗化工事の部分は対象外。


・上記住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

–手すりの取り付け
手すりの取り付けのための壁の下地補強

–床段差の解消
浴室の床の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事

–床又は通路面の材料の変更
床材の変更のための下地の補修や根太の補強など

–扉の取替え
扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事

–便器の取替え
便器の取り替えの伴う床材の変更、便器の取り替えに伴う給排水設備工事(水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く。)